お年玉はいくらが相場?いつからいくつまでがあげる範囲?

もらう子供たちはワクワクですが、あげる側としては毎年悩んでしまう「お年玉」

他の親戚とかけ離れた額を入れてしまわないか心配ですよね。

お年玉はいくらが相場なのでしょうか?年齢はいつからいくつまであげるのが妥当なのでしょうか?

お年玉はいくらが相場なのか、またいつからいくつまでの年齢の子供にあげたらいいのか、お年玉のアレコレをご紹介していきますよ。

関連記事

1年の初めに初詣に行くのが毎年の恒例行事になっているという方も少なくありません。 ただ初詣といえば、かなりの寒さと人混みが予想されます。 子供連れで初詣に行ってもいいのでしょうか? 子供連れで初詣に行く場合の注意点や抑えて[…]

 

お年玉はいくらが相場?年齢別にチェック!

 

出典:https://toyokeizai.net/

 

お正月の恒例行事ともいえる「お年玉」ですが、少なすぎてケチと思われるのは嫌ですし、多すぎても子供のためには良くありませんよね。

今回はいろいろなアンケートを元にいくらくらいが相場なのか、年齢別にまとめてみました。

未就学児

未就学児は6歳までの子供ことを指します。昔は小学校に上がってから、というところが多かったようですが、最近では幼稚園児や保育園児などの未就学児にも渡すケースが多いようですね。

渡す場合の相場ですが、500円~1000円くらいとなっています。100円玉を入れるのではなく、500円玉や1000円札を入れることが多いようです。

確かに普段はなかなか持たせてもらえない紙のお金をもらったら、子供もテンションが上がりそうですね!

 

小学校低学年

小学校に入ると、お年玉をもらう子供はグンと増えます。小学1~3年生くらいの低学年の場合、相場は1,000円~3,000円となっています。

1年生が1,000円、2年生が2,000円、3年生が3,000円とだんだん増える場合と、低学年のうちは一律で1,000円または2,000円などとする場合があるようですね。

小学生高学年

小学校高学年になると相場が3,000円程度になります。多い人では5,000円をあげる人もいるようですよ。

反対に1,000円以下という人はほとんどいません。今まで渡してきた金額や、相手の子供との関係性などでも変わってくるかもしれないですね。

 

中学生

中学生になると5,000円が相場となります。2,000円以下や10,000円以上あげているという回答は5~10%とかなり少数です。

大体の人が3,000円~10,000円程度となっていますよ。徐々に金額をあげていくなら、3,000円→5,000円→7,000円といったあげ方もできるかもしれませんね。

 

高校生

高校生になると相場は5,000円以上になりますが、10,000円あげているという家は少ないようです。

無難な渡し方としては6,000円→7,000円→8,000円と毎年上げていく方法がいいかもしれません。

 

大学生

大学生になるとお年玉を渡す人は少なくなります。ただ孫や自分の子供といった近い関係であれば、渡すケースも珍しくありません。

大学生ともなると相場は10,000円ほどになります。お小遣いというよりも生活費という意味合いで渡す場合が多いようですね。

 

お年玉はいつからいつまであげる?

 

出典:https://allabout.co.jp/

 

次はお年玉を渡す年齢を見ていきましょう。いつからあげて、いつまで渡すのが適当なのでしょうか?

いつから渡す?

いつから渡すかという年齢の決まりはありませんが、「幼稚園に入園してから」「小学校に入学してから」という何かの区切りを元にする場合が多いようです。

また上に兄や姉がいる場合は、公平にするために生まれた年からあげるということも多いようですね。

大体は「小学校に入学してから」という回答が多いようですので、こちらも相手との関係性を見て決めるようにしましょう。

 

いくつまで渡す?

ではいくつまでお年玉を渡すのが妥当なのでしょうか?こちらも「高校を卒業するまで」「大学を卒業するまで」「成人するまで」ときっかけを決めるのがいいようです。

子供としても「そろそろ終わりかな」なんて、そこまで期待していない人が多いようですよ。

渡す側の気持ち次第ですので、こちらも相手との関係性を見ながら決めるといいかもしれません。

 

お年玉はいくらが相場?いつからいくつまでがあげる範囲?まとめ

 

お年玉の金額や年齢について、相場をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?お年玉の相場がいくらなのか、またいつからいくつまであげるのかといった決まりはありません。

相手の親と親しい関係性なら、いくらにしようか相談しながら金額を決めるというのも手かもしれませんね。

年齢についてもいつからいくつまでといった決まりはありませんので、渡す側の気持ち次第です。

これからずっと渡していくものですので、最初から張り切り過ぎず、周りの状況やお財布状況と相談しながら決めて行くようにしましょう!

最新情報をチェックしよう!