RIF(リフ)とはどんなバンド?バンド名の意味やメンバーのプロフィールまで徹底調査!

2020年ブレイク間違いなしと言われている「RIF(リフ)」というバンドをご存知ですか?

映像や音楽が素晴らしいと人気のバンドですが、まだまだ謎に包まれている部分が多くあります。

そもそもRIFとはどんな意味なのでしょうか?

今回はRIF(リフ)の魅力や、謎に包まれたメンバーのプロフィールを詳しくまとめていきます。

 

RIF(リフ)とはどんなバンドなの?

 

RIFとはどんなバンドなのでしょうか?

まだまだ謎に包まれている「RIF(リフ)」ですが、男性二人組のバンドであることは分かっています。

メンバーはボーカルのKAIさんとギターのJustinさん。

2012年に出会ったKAIさんとJustinさんは個人のレーベル「RIF FACTORY(リフファクトリ)」を結成し、2015年から本格的に活動を開始します。

2015年2月に1stシングル「あいいまいなまま」を、そして2016年11月には2ndシングル「つよく」をリリースしました。

 

 

 

聴いてみると分かりますが、ボーカルのKAIさんの透き通った歌声が心にすっと入ってくるようなそんな歌となっています。

ミュージックビデオも曲にあっていて、癒されますね!

このPVは作り込まれたセットで撮影された人形アニメーション、そして3DCGといった高度なデジタル処理が施されています。

この技術は膨大な費用がかかるので、通常はあまり用いられない手法だそうです。

しかしこのPVを作ることができたのは、KAIさんの特殊なプロフィールが関係しているようです。

メンバーのプロフィールをそれぞれ見ていきましょう。

 

RIF(リフ)KAIのプロフィール

 

詳しいプロフィール情報はまだまだ謎に包まれているRIF(リフ)のメンバーですが、今分かっている情報をめとめていきましょう。

まずはボーカルKAIさんのプロフィールです。

KAIさんは平成生まれの男性アーティストであることが分かっています。

平成元年生まれの方の年齢が、2020年現在で31歳になりますから、KAIさんの年齢も31歳以下ということになりますね。

KAIさんはボーカル以外にもピアノやギター、ベースを演奏されています。

さらに映像ディレクターの経験もあるそうですよ。

映像ディレクターをされていたくらいですので、20代前半や10代であるということはなさそうです。

やはり20代後半~30歳くらいなのではないでしょうか?

KAIさんの技術と経験があるからこそ、少人数のスタッフで高額なPVを制作することができたんですね!

残念ながら本名は分かりませんでした。

 

RIF(リフ)Justinのプロフィール

 

次にギターを担当しているJustinさんのプロフィールをご紹介します。

Justinさんは出身地がアメリカであることが分かっています。

公式プロフィールにも「アメリカ人のJustin」とありますので、国籍もアメリカになるようですよ。

本名は公開されていませんが、アメリカ人ということで「Justin」が本名である可能性も高いですね!

噂ではJustinさんの年齢は28歳前後ではないかと言われているようです。

KAIさんが平成生まれであることを考えても、お二人ともそれくらいの年齢であることは十分考えられます。

普段はギターを担当されているJustinさんですが、ギターの他にもベースやドラムを演奏することもできるそうです。

お二人ともかなり音楽の才能に長けておられますね!

 

RIF(リフ)の顔画像はあるの?

 

本名や年齢など、謎に包まれていることが多いRIF(リフ)ですが、顔画像はあるのでしょうか?

顔を公開していない分、素敵な歌声からどうしてもイケメンを想像してしまいます!

RIF(リフ)のお二人の顔画像を探してみました。

しかし、残念ながら顔画像は公開されていないようです。

ライブでは顔出しをされているのかな?と思い、ライブ情報を探したのですが、ライブも行っていないようです。

ガードが固いですね…

かなりミステリアスなRIF(リフ)のお二人ですが、注目度も上がってきており、ライブが開催される日もくるかもしれません!

RIF(リフ)のお二人がライブを開催してくれるのを待ちましょう!

 

RIF(リフ)とはどんな意味なの?

 

RIF(リフ)のバンド名の由来については語られていません。

しかし「RIF」という単語の意味から、バンド名の由来を推測してみました。

「RIF」とは音楽でも使われる用語です。

もともとはロックやジャズなどの音楽で「音楽的アイデア」といった意味で使われていたようです。

「リフレイン」の略語が語源なのではないかとも言われています。

今では「繰り返し聴かせる」ことを指すことが多く、リフによって曲を印象付け、親しみやすくさせる効果があると言われています。

「リフを聴けばすぐに曲を認識できる」という重要な部分ですので、そういったところからバンド名を付けたのではないでしょうか?

現在のRIF(リフ)も、曲を聴くとすぐに認識できるようなKAIさんの力強く透き通ったボーカルや、優しいJustinさんのギターの音色が特徴ですよね!

 

RIF(リフ)とはどんなバンド?バンド名の意味やメンバーのプロフィールまで徹底調査!まとめ

 

今大注目のバンド「RIF(リフ)」について、RIFとはどんな意味なのか、またバンドメンバーのプロフィールなどを調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

日本だけでなく海外でも活動の幅を広げているRIF(リフ)。

本名や年齢など、未公開な部分が多く、ミステリアスなバンドですが、それもまたRIF(リフ)の魅力の一つとなっているのかもしれません。

2016年以降、目立った活動がないRIF(リフ)ですが、そろそろ大きなイベントがあるのではないでしょうか?

今後のRIF(リフ)の活躍に期待しましょう!

↓RIFのCDはこちらから!

created by Rinker
¥1,070 (2020/10/28 03:44:54時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!